【東スポ杯2歳S】リグージェ 木村師「不安はない」

東京スポーツ杯2歳ステークス
リグージェ

 新潟のデビュー戦ではレース上がりを2秒5も上回る3F33秒0の末脚で差し切ったリグージェ (牡2、木村)。あの切れ味は広い東京コースでも大きな武器となるはずだ。出世レースを制して、今後の飛躍につなげられるか。

ウィリアム・ビュイック騎手、ライアン・ムーア騎手に短期騎手免許交付

<<下に続く>>

極上のキレ

 木村調教師は「追い切りの動きは良かったし、間隔があいた不安はありません。今回はトップホースが相手だが、前走はしっかりと脚を使えていたし、ここでもどれだけ食らいつけるか」と展望した。