【盛岡・絆カップ】注目馬情報

みちのく爽やか杯
第9回 絆カップ(M2・OP・ダ1600m)
11月17日(日)18:10発走
盛岡競馬場

 2011年3月11日、東日本大震災により甚大な被害を受けましたが、その復興を祈念して同年10月10日、絆カップを創設。同日、「マイルチャンピオンシップ南部杯」は1年限りの条件で東京競馬場を舞台に行われましたが、盛岡の第1回絆カップは同競馬場ターフビジョンでも放映されました。第1回から第3回、第5回から昨年まで地方競馬全国交流で実施。JBCクラシック・盛岡のトライアル競走で行われた第4回、そして今年は地元重賞で行われます。

【注目馬情報】
★ロジストーム
昨年4月、南関東B1級から転入。初戦・赤松杯2着後、順調さを欠きましたが、夏以降に調子を上げて暮の白嶺賞を優勝。冬期間は南関東で走り、再度帰郷して赤松杯、シアンモア記念を連勝。素質が開花しました。

★レプランシュ
2歳時に2勝をマークして年明けのきさらぎ賞でサトノダイヤモンドの2着を確保。その後は未勝利に終わり、今年6月に岩手入り。重賞・青藍賞で3着、前走2着で自慢のまくり脚を披露しました。

★ニットウビクトリー
中央ダート4勝をすべて東京競馬場であげ、岩手転入後も勝ち星5勝も盛岡でマークする典型的なサウスポー。追い込みタイプゆえ展開に注文がつきますが、行き脚ついてからのまくりが脅威の的となりそうです。

★パンプキンズ
今年の岩手クラシック・東北優駿(岩手ダービー)、ダイヤモンドカップを逃げ切り堂々、二冠を獲得。不来方賞3着で三冠達成はならず、マイル路線へ移動。前走は58キロに対し、55キロの負担重量が魅力です。