【盛岡・南部駒賞】注目馬情報

JBC協会協賛 HITスタリオンシリーズ 河北新報杯
第46回 南部駒賞(M1・スズカコーズウェイ賞・2歳・ダ1600m) 
11月10日(日)18:10発走
盛岡競馬場

 岩手競馬の根幹重賞は古馬が一條記念みちのく大賞典、3歳が不来方賞。2歳はこの南部駒賞。創設は1973年までさかのぼり、今年で46回目の歴史を数えます。
 2004年から地方競馬全国交流へ昇格。過去、岩手10勝、北海道4勝と岩手勢が優位に立っていますが、一昨年(昨年は休止)は北海道勢が1着から3着まで上位を独占。今年はどちらに軍配が上がるかーが焦点。また盛岡ダート1600mで行われるのは2011年以来、8年ぶりとなります。

【注目馬情報】
★モリノブレイク(北海道代表)
デビュー2戦目から6戦連続で連対を果たし、重賞・イノセントカップでも2着確保。平和賞は展開が厳しく5着でしたが、遠征と左回りを経験したのが収穫。パワーを前面に初重賞制覇なるか期待が高まります。

★シンボ(北海道代表)
盛岡遠征でジュニアGP、知床賞で2着惜敗し、適性の高さを証明。コース経験を生かし逆転をもくろみます。

★スティールペガサス(北海道代表)
ここ2戦は相手が強く着外も仕方なしか。3走前に門別1700m戦を快勝している点が強みです。

★ノーザンヴィグラス(北海道代表)
レースを使われながら頭角を現し、重賞にも連続挑戦して5、4着。いい脚を長く使えるのが武器です。

★グランコージー
デビューから無敗4連勝中。若駒賞では控える競馬もこなし、地元の期待を一身に集めます。