【デイリー杯2歳S】サクセッション 国枝師「余裕のある動き」

デイリー杯2歳ステークス
サクセッション

 、アスター賞と、ともに危なげないレースぶりで連勝を飾ったサクセッション (牡2、国枝)が関東のエース格。クルーガー(GⅡマイラーズC)の全弟という血統馬が、3連勝での重賞タイトルを狙う。

【エリザベス女王杯】出走馬の調教後の馬体重

<<下に続く>>

クルーガー全弟

 国枝調教師は「帰厩後も順調そのもの。前回より体がひと回り大きくなって成長を感じる。今週の追い切りではジョッキー(マーフィー)の仕掛けに反応して、余裕のある動きを見せていた。気性的に輸送も苦にしないと思うし、ここでも楽しみだね」と自信をうかがわせた。