2019メルボルンカップ(G1)レース結果と関係者コメント

 11月5日(火)、オーストラリアのフレミントン競馬場で行われたメルボルンカップ(G1)の結果と関係者コメントは下記の通りです。

【エリザベス女王杯】登録馬と見どころ ラブズオンリーユーなど

 5日、オーストラリアのフレミントン競馬場で行われたメルボルンカップ(G1・3歳上ハンデ・芝3200m)でC.ウィリアムズ騎乗、ヴァウアンドディクレア(せん4・D.オブライエン)が快勝した。2着にプリンスオブアラン(せん6・C.フェローズ)、3着にイルパラディーゾ(牡3・A.オブライエン)が入った。勝ちタイムは3:24.76(重)。

 日本馬、D.レーン騎乗のメールドグラース(牡4・清水久詞)は6着敗退となっている。

【全着順】
1着 ヴァウアンドディクレア
2着 プリンスオブアラン
3着 イルパラディーゾ
4着 マスターオブリアリティ
5着 サプライズベイビー
6着 メールドグラース
7着 フィンシュ
8着 クロスカウンター
9着 スティールプリンス
10着 マジックワンド
11着 トワイライトペイメント
12着 サウンド
13着 コンスタンティノープル
14着 ミラージュダンサー
15着 ハンティングホーン
16着 レイモンドタスク
17着 ザチョーズンワン
18着 ラトローブ
19着 サザンフランス
20着 ヤングスター
21着 ヌフボスク
22着 ダウンドラフト
23着 ムスタジアー
24着 ロストロポーヴィチ

6着 メールドグラース
D.レーン騎手
「返し馬とゲートの中で非常に馬が落ち着いていて、良いスタートが切れました。自分にとって理想的なポジションを取ることができましたが、ペースが遅くなって折り合いに苦労した場面もありました。最後の直線では少し末脚を出してくれましたが、道中に折り合いを欠いた分、伸びきれませんでした。今日の馬場や距離は問題ではなかったので、もう少しペースが上がれば勝ち負けになっていたと思います」

清水久詞調教師
「ペースが遅く馬群に包まれている中で、よく我慢してくれました。頭数も多く人気もしていましたので、簡単な競馬ができないことは分かっていましたが、もう少しスムーズに流れてくれれば良かったです。最後は脚色が悪かったですが、その割にはあの着差なので、馬場状態も考えれば本当に頑張ってくれたと思います」