2019マッキノンステークス(G1)日本馬の近況(11月5日)

 11月9日(土)にオーストラリアのフレミントン競馬場で行われるマッキノンステークス(G1)に出走予定のクルーガー号(牡7・栗東・高野友和厩舎)の調教状況および関係者のコメントは下記の通りです。

富田暁騎手のオーストラリアにおける騎乗成績(11月5日)

●マッキノンステークス(G1・芝2000メートル)
○クルーガー号(牡7・栗東・高野友和厩舎)
本日(現地時間11月5日(火))の調教状況
ウェリビー競馬場
ポリトラックコース ハッキング
芝コース 単走で5ハロンから、最後を馬なりで伸ばす(追い切り)
注記:小川 洋平調教助手が騎乗

小川洋平調教助手のコメント
「中1週でレースを使うので、今日の調教ではそんなに速い時計は求めずに体調維持を心掛けました。馬の動きはいつもと変わらず順調で、調教後の息遣いも問題ありません。喉の術後の経過も良好なので不安はありません。良い走りを期待しています」

※JRA発表による