【JBCレディスクラシック】ヤマニンアンプリメがV!武豊は交流G1完全制覇

 4日、浦和競馬場で行われた8R・JBCレディスクラシック(Jpn1・3歳上オープン・牝・ダ1400m)で3番人気、武豊騎乗、ヤマニンアンプリメ(牝5・栗東・長谷川浩大)が快勝した。2馬身差の2着に2番人気のゴールドクイーン(牝4・栗東・坂口智康)、3着に1番人気のファッショニスタ(牝5・栗東・安田隆行)が入った。勝ちタイムは1:24.5(重)。

 なお、1番モンペルデュは落馬のため競走中止となっている。

<<下に続く>>

武豊「このレースを勝てば交流G1完全制覇と聞いていました」

 3番人気に支持された武豊騎乗のヤマニンアンプリメが直線でゴールドクイーンを競り落として見事に勝利を飾った。鞍上の武豊騎手はこの勝利で交流G1完全制覇となり、「このレースを勝てば交流G1完全制覇と聞いていました」と意識していたことを語った。また、MCから来年からJBCに新たなカテゴリーが増えることをきかされると、「来年も完全制覇にトライしたい」と豊富も語った。

ヤマニンアンプリメ 29戦9勝
(牝5・栗東・長谷川浩大)
父:シニスターミニスター
母:ヤマニンエリプス
母父:サンデーサイレンス
馬主:土井肇
生産者:廣田伉助

【全着順】
1着 ヤマニンアンプリメ
2着 ゴールドクイーン
3着 ファッショニスタ
4着 ラーゴブルー
5着 ミッシングリンク
6着 レッツゴードンキ
7着 サラーブ
8着 アップトゥユー
9着 ストロングハート
10着 ミッキーオフィサー
11着 タイセイラナキラ
(競走中止)モンペルデュ