【京王杯2歳S】ルメール「コントロールは難しかった」タイセイビジョンが2歳コースレコードでV!

 11月2日、東京競馬場で行われたG2・京王杯2歳ステークスは、1番人気に支持されたタイセイビジョンが嬉しい重賞制覇を飾った。前半は行きたがる様子を見せたが鞍上のルメール騎手がなだめながらレースを進め、直線では外目から末脚を伸ばして見事に差し切りを見せた。

京王杯2歳ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 タイセイビジョン
C.ルメール騎手
「今日のスタートはとても良かったです。だからちょっとかかりました。コントロールはけっこう難しかったですけど、3、4コーナーでリラックスすることが出来て最後は良い脚を出してくれました。(2歳のG1距離伸びますけどどうでしょうか?)リラックスしたら絶対1600mにいけると思いますね。次のレースではもっとリラックスして走ることが出来ると思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 2日、東京競馬場で行われた11R・京王杯2歳ステークス(G2・2歳オープン・芝1400m)で1番人気、C.ルメール騎乗、タイセイビジョン(牡2・栗東・西村真幸)が快勝した。2馬身差の2着にビアンフェ(牡2・栗東・中竹和也)、3着にヴァルナ(牡2・栗東・寺島良)が入った。勝ちタイムは1:20.8のレコード(良)。

 2番人気で国分優作騎乗、マイネルグリット(牡2・栗東・吉田直弘)は、9着敗退。

【ファンタジーS】北村友「十分過ぎるスピード」レシステンシアがデビュー2連勝で重賞初V!

【京王杯2歳S】ルメール「コントロールは難しかった」タイセイビジョンが2歳コースレコードでV!
【京王杯2歳S】ルメール「コントロールは難しかった」タイセイビジョンが2歳コースレコードでV!

タートルボウル産駒 タイセイビジョン

【京王杯2歳S】ルメール「コントロールは難しかった」タイセイビジョンが2歳コースレコードでV!

 函館2歳ステークスで2着だったタイセイビジョンが1番人気の支持に応えて嬉しい重賞初制覇を飾った。レースでは五分のスタートから中団の外目で流れに乗る展開に。軽快なラップでレースは進み直線へ向くと、最後は流す余裕を見せての完勝。強い勝ちっぷりだった。

タイセイビジョン 3戦2勝
(牡2・栗東・西村真幸)
父:タートルボウル
母:ソムニア
母父:スペシャルウィーク
馬主:田中成奉
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 タイセイビジョン
2着 ビアンフェ
3着 ヴァルナ
4着 グランチェイサー
5着 グレイトホーン
6着 カップッチョ
7着 カイトレッド
8着 セイラブミー
9着 マイネルグリット
10着 アポロニケ