【武豊日記】米国競馬の祭典

マテラスカイと武豊騎手 (C)Yushi Machida

 今週は米国に来ています。11月1、2日の2日間、カリフォルニア州のサンタアニタパークで開催されるブリーダーズカップ・ワールドチャンピオンシップスに参戦です。2日間にわたって、G1レースが13個も行われる米国競馬の祭典。世界中からトップホースマンが集まってきています。

 ボクは、1日のBCジュベナイル(2歳、ダート8.5ハロン)にフルフラット。2日のBCスプリント(3歳以上、ダート6ハロン)にマテラスカイ。どちらも森秀行厩舎の馬に騎乗します。海外馬券の発売がないためか、日本ではちょっと地味な感じの扱いになっていますが、是非一度来てみてください。祭典の名にふさわしい華やかな2日間が楽しめることをお約束します。

 週末の中央競馬はお休みしますが、明けて月曜は浦和競馬場で開催されるジャパンブリーダーズカップ(JBC)に参戦します。こちらもお楽しみに。

(C)武豊オフィシャルサイト