2019マッキノンステークス(G1)日本馬の近況(10月30日)

 11月9日(土)にオーストラリアのフレミントン競馬場で行われるマッキノンステークス(G1)に出走予定のスズカデヴィアス号(牡8・栗東・橋田満厩舎)の調教状況および関係者のコメントは下記の通りです。

●マッキノンステークス(G1・芝2000メートル)
○スズカデヴィアス号(牡8・栗東・橋田満厩舎)
本日(現地時間10月30日(水))の調教状況
バララット競馬場
芝コース 3頭の併せ馬
5ハロンから入り、残り3ハロンで3頭の大外で馬体を併せ、最後軽く仕掛ける
わずかに先着して入線
注記:マイケル・ディー騎手が騎乗

児玉武大調教助手のコメント
「見た目の手応えも良く、騎手の感触もいいとの話で、しっかり上積みを持って次の競馬に向かえそうです。競馬の後バララットに移動し、目まぐるしく環境が変わる中、こちらが思っていたよりも早く環境に馴染んでくれ、飼い食いも落ちることなく、ここまでいい感じに来ています。(来週の予定について)日程はこれから決めますが、坂路で追い切ろうと考えています」

マイケル・ディー騎手(マッキノンステークス(G1)で騎乗予定)のコメント
「ウェリビーで乗った時より明らかにいい感触で、今日の動きには満足しています。馬体を併せると自分から行く気を見せ、最後も力強いフィニッシュでした。こちらの環境に馴染んで、馬は見た目も、精神的にも幸せそうです。前走のレースぶりも良く、バララットでさらに状態はかなり上がっていますので、レースでの走りに期待しています」

※JRA発表による