【盛岡・知床賞】アクアリーブルが勝利!

 27日、盛岡競馬場で行われた第12R「知床賞」のレース結果と関係者コメントは、下記の通りです。

 27日、盛岡競馬場で行われた12R・知床賞(M3・2歳・ダ1400m)で4番人気、岡部誠騎乗、アクアリーブル(牝2・北海道・角川秀樹)が快勝した。1/2馬身差の2着にシンボ(牡2・北海道・齊藤正弘)、3着にバイクミレー(牝2・北海道・村上正和)が入った。勝ちタイムは1:25.8(稍重)。

 1番人気で中島龍也騎乗、スマイルエルフ(牝2・北海道・田中淳司)は6着、2番人気で高橋悠里騎乗、チャルメーラ(牝2・岩手・菅原勲)は5着敗退。

アクアリーブル 10戦2勝
(牝2・北海道・角川秀樹)
父:パイロ
母:アスカリーブル
母父:ブラックタキシード
馬主:新生ファーム
生産者:新生ファーム

【盛岡・知床賞】アクアリーブルが勝利!

■勝利騎手コメント 岡部誠騎手
「無理に抑えないで良い位置に出していってほしいという指示でしたし、スタートも良かったので気持ちよく走ってもらえるような位置を取りました。逃げていた馬が割と外を回っていたんですけども、今日は内の方が不利な感じでも無かったので、だったらそのまま内をロスなく進んだ方が良いだろうと。4コーナーからは流れのままに先頭に立った形でした。調教師からは早く先頭に立つと物見をするからと言われていて、今日も残り100mくらいの所でそうだったんですけど、ムチを入れたらまた機嫌よく伸びてくれたのでこれなら押し切れると思いました。岩手はこれまであまり勝てるイメージが無かったんですけど、今年は先日も重賞を勝たせてもらいましたから、これからもどんどん参戦させていただきたいですね」

■勝利調教師コメント 角川秀樹調教師
「ここ何戦かコーナー4つのレースを戦ってちょっとスムーズではないかなと感じたものですから、コーナーひとつで1400mという条件が良いかもという事でこのレースを選びました。今日は枠順が良かったですし、位置取り的にも内枠のわりに砂をかぶる事が無かったのも良かったのではないでしょうか。あとは、騎手にも伝えていましたが、早めに先頭に立つと気の悪さを出す事がある馬なのでそこだけが心配でしたね。次走は特にどこと考えていませんでしたが、この勝利で南部駒賞の出走権が獲れたそうですので、オーナーサイドと相談して、その方向も検討したいと思います」