【新馬/東京5R】ルメール「凄く良い脚を使った」ゼノヴァースは1番人気に支持されるも4着

 注目の血統馬が揃った中で1番人気に支持されたゼノヴァースは4着に敗れた。ゴール前は鋭く伸びる末脚を発揮。鞍上のルメール騎手も「凄く良い脚を使った」と同馬の走りを評価した。敗れはしたが見どころのある走りっぷりで次走は勝ち負けが期待出来そうた。

4着 ゼノヴァース
C.ルメール騎手
「良い馬で能力はありそうです。まだ若いけどラスト150mは凄く良い脚を使いました。距離は長くても大丈夫です」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 27日、東京競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1800m)で6番人気、北村宏司騎乗、トウケイタンホイザ(牡2・栗東・清水久詞)が快勝した。1/2馬身差の2着にシチリアフレイバー(牡2・美浦・久保田貴士)、3着にエブリワンブラック(牡2・栗東・武幸四郎)が入った。勝ちタイムは1:50.9(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、ゼノヴァース(牡2・美浦・藤沢和雄)は4着、2番人気でM.デムーロ騎乗、サトノエスペランサ(牡2・美浦・堀宣行)は6着敗退。

【新馬/東京5R】武豊「スタートが全然出なかった」キタサンブラック全弟は3着

【新馬/東京5R】ルメール「凄く良い脚を使った」ゼノヴァースは1番人気に支持されるも4着
【新馬/東京5R】ルメール「凄く良い脚を使った」ゼノヴァースは1番人気に支持されるも4着

キタサンブラック全弟 エブリワンブラックは3着

【新馬/東京5R】ルメール「凄く良い脚を使った」ゼノヴァースは1番人気に支持されるも4着

 キタサンブラック全弟、天皇賞に出走するアーモンドアイの半弟が集結した注目の新馬戦は、6番人気のトウケイタンホイザが抜け出して勝利した。トウケイタンホイザはスムーズに先行して最内でロスなく立ち回り、直線で抜け出して人気各馬の追撃を振り切った。1番人気のゼノヴァースは4着、エブリワンブラックは3着、アーモンドアイ半弟サトノエスペランサは6着に敗れた。

トウケイタンホイザ 1戦1勝
(牡2・栗東・清水久詞)
父:トウケイヘイロー
母:アグネスロージイ
母父:Encosta De Lago
馬主:木村信彦
生産者:坂本智広