【萩S】スミヨン騎乗 ヴェルトライゼンデがデビュー2連勝!半兄にワールドプレミア

 26日、京都競馬場で行われた9R・萩ステークス(L・2歳オープン・芝1800m)で1番人気、C.スミヨン騎乗、ヴェルトライゼンデ(牡2・栗東・池江泰寿)が快勝した。1/2馬身差の2着にシリアスフール(牡2・栗東・西村真幸)、3着にエカテリンブルク(牡2・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは1:50.8(稍重)。

 2番人気で和田竜二騎乗、ヴィースバーデン(牝2・栗東・角居勝彦)は、4着敗退。

【コックスプレート】リスグラシューが快挙!海外G1初制覇

半兄は菊花賞馬のワールドプレミア

 先週の菊花賞でG1制覇を飾った半兄のワールドプレミアに続いて、弟も負けじと存在感を発揮した。スタートからじわっと先行してヴェルトライゼンデは4番手の位置をキープ。ゆったりとした流れでレースは進み、直線入り口では馬場の真ん中から抜け出しを図り、スミヨンの手綱に導かれて追い比べを制した。

ヴェルトライゼンデ 2戦2勝
(牡2・栗東・池江泰寿)
父:ドリームジャーニー
母:マンデラ
母父:Acatenango
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ヴェルトライゼンデ
2着 シリアスフール
3着 エカテリンブルク
4着 ヴィースバーデン
5着 ギルデッドミラー
6着 セツメンノトビウオ
7着 リトルシャイン