【富士S】スミヨン「ベストの競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント

(C)Yushi Machida

 10月19日、東京競馬場で行われたG3・富士ステークスで、2番人気に支持されたノームコアが直線一気の末脚を見せて見事な差し切り勝ちを見せた。勝ったノームコアには11月17日に京都競馬場で行われるマイルチャンピオンシップへの優先出走権が与えられた。

富士ステークス、レース後ジョッキーコメント
1着 ノームコア
C.ルメール騎手
「大外枠でしたし、今日は休み明けでしたし、前のポジションに行きたくなかったです。(次のG1)大きなチャンスがあると思います。彼女は大人になりましたし、強くなったし、すごく良い馬になりましたので、今回休み明けですごく良い脚を使いました。次またパワーアップしたら大きなチャンスがあると思います」

2着 レイエンダ
C.スミヨン騎手
「ベストの競馬はできたと思います。マイル戦の分ペースは速いですし、こんな馬場なので皆前へ前へとなるので、リラックスさせることを重視していました。最後はいい脚を使ってくれたと思います。ただ距離はもう1Fあった方が、よりいい脚を使えるように思いました」

3着 レッドオルガ
福永祐一騎手
「上位2頭よりコースロスなく立ち回れましたし、直線も悪くないタイミングで抜け出せました。ただ最後は上位2頭の伸びが上でしたね」

4着 クリノガウディー
戸崎圭太騎手
「後ろからの競馬で、道中はリズムよく走ることができました。直線では内をつく形になり、最後の最後でスムーズじゃない場面もありましたが、いい脚を使ってくれました」

5着 カテドラル
A.シュタルケ騎手
「スタートのタイミングが合いませんでしたが、そのぶん内にスペースがあって、道中はリラックスして走れました。タメたぶん最後はいい脚を使ってくれましたね。馬場も気にせずうまく走っていましたよ」

【アイビーS】ルメール「楽勝でした」ワーケアが単勝1.3倍の支持に応える

【富士S】スミヨン「ベストの競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント
【富士S】スミヨン「ベストの競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント

デムーロ「久々だったので」

【富士S】スミヨン「ベストの競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント

9着 アドマイヤマーズ
Mデムーロ騎手
「全然伸びませんでした。最後もモタれてしまって、よくわかりません。こういう馬場でも勝ったことがあるのですが…。今回は久々だったので、ここを使って次に良くなってくれればと思います」

17着 ロジクライ
武豊騎手
「かかり気味で外、外になりました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 19日、東京競馬場で行われた11R・富士ステークス(G3・3歳上オープン・芝1600m)で2番人気、C.ルメール騎乗、ノームコア(牝4・美浦・萩原清)が快勝した。1/2馬身差の2着にレイエンダ(牡4・美浦・藤沢和雄)、3着にレッドオルガ(牝5・栗東・藤原英昭)が入った。勝ちタイムは1:33.0(稍重)。

 1番人気でM.デムーロ騎乗、アドマイヤマーズ(牡3・栗東・友道康夫)は、9着敗退。

ヴィクトリアマイル以来の休養明け

【富士S】スミヨン「ベストの競馬は出来た」レース後ジョッキーコメント
(C)Yushi Machida

 春のヴィクトリアマイルで初G1制覇を飾ったノームコアが、秋初戦を制した。後方5.6番手のポジションから直線勝負に徹して豪快に突き抜けた。ラスト1ハロンから一気の伸び脚を見せて強豪牡馬勢を押しのけて嬉しい勝利となった。

ノームコア 10戦5勝
(牝4・美浦・萩原清)
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
馬主:池谷誠一
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ノームコア
2着 レイエンダ
3着 レッドオルガ
4着 クリノガウディー
5着 カテドラル
6着 キャンベルジュニア
7着 エメラルファイト
8着 メイショウオワラ
9着 アドマイヤマーズ
10着 ショウナンライズ
11着 トミケンキルカス
12着 ダッシングブレイズ
13着 アンノートル
14着 イレイション
15着 ストロングタイタン
16着 リコーワルサー
17着 ロジクライ
18着 ジャンダルム