【新馬/京都4R】リーチザクラウン産駒 ジャスティンリーチがデビュー勝ち!

 19日、京都競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(ダ1400m)で2番人気、北村友一騎乗、ジャスティンリーチ(牡2・栗東・安田隆行)が快勝した。アタマ差の2着にロマネスク(牝2・栗東・荒川義之)、3着にテーオーケインズ(牡2・栗東・高柳大輔)が入った。勝ちタイムは1:24.2(重)。

 1番人気で川田将雅騎乗、ピラミッドムーン(牝2・栗東・松永幹夫)は、13着敗退。なお、9番シェーンは競走中止となっている。

東京競馬場でカリスマ装蹄師・西内荘氏がトークショーに出演

内から差し返す勝負根性を発揮

 2番人気のジャスティンリーチが見事な勝負根性を見せてデビュー戦を快勝した。スタートから先手を奪いレースを引っ張ったジャスティンリーチは直線で逃げ込みを図るもロマネスクとの一騎打ちに。一旦はロマネスクにかわされたが最内からしぶとい根性を見せて再び差し返したところがゴールだった。

ジャスティンリーチ 1戦1勝
(牡2・栗東・安田隆行)
父:リーチザクラウン
母:ポーカーアリス
母父:スウェプトオーヴァーボード
馬主:三木正浩
生産者:木戸口牧場