2019コックスプレート(G1)日本馬の近況(10月16日)

 10月26日(土)にオーストラリアのムーニーバレー競馬場で行われるコックスプレート(G1)に出走予定のリスグラシュー号(牝5・栗東・矢作芳人厩舎)およびクルーガー号(牡7・栗東・高野友和厩舎)の調教状況および関係者コメントは下記の通りです。

●コックスプレート(G1・芝・2040m)
○リスグラシュー号(牝5・栗東・矢作芳人厩舎)
○クルーガー号(牡7・栗東・高野友和厩舎)
本日(現地時間10月16日(水))の調教状況
ムーニーバレー競馬場
芝コース リスグラシュー号とクルーガー号の2頭で併せ馬
5ハロンからリスグラシュー号がクルーガー号を追走
残り3ハロンで馬体を併せ、最後を馬なりで伸ばす
注記:リスグラシュー号にはダミアン・レーン騎手が、クルーガー号にはトミー・ベリー騎手がそれぞれ騎乗(いずれもコックスプレート(G1)で騎乗予定)

(リスグラシュー号について)
岡勇策調教助手のコメント
「輸送も無事にクリアし、環境に慣れるのも早く、馬が落ち着いているのが何よりです。そんな中でこれまで順調にきていると思います。今日の調教も満足のいくものでした。この後も馬の状態をみて、調整を続けたいと思います」

ダミアン・レーン騎手のコメント
「前回阪神競馬場で見た時と変わらない印象で、順調にきていると思います。今日も動き良くいい感触で、ムーニーバレーの馬場にも上手く対応していました。彼女は適応力が高く、どんな展開でも対応できるので、レースでもいい走りが出来ると思います」

(クルーガー号について)
小川洋平調教助手のコメント
「今日の調教は動き良く、引き揚げた後の息の入りも良かったです。これまで不安なく順調に来ています。来週22日(火曜)に最終追い切りの予定で、それまで馬の様子を確認しながら、調整を進めます」

トミー・ベリー騎手のコメント
「シドニーで騎乗した時よりも状態良く感じました。リラックスした走りで、リスグラシューと馬体を併せると反応して、最後は力強さを見せてくれました。このような状態で戻ってきてくれたことを嬉しく思います。初めて経験する小回りのムーニーバレーの馬場をしっかりこなしてくれたことも印象的でした。コックスプレートでは枠順も重要ですので、良い枠に入ることを願っています」

※JRA発表による