【秋華賞】サトノダムゼル まだ底を見えていない魅力

秋華賞
サトノダムゼル

‪ 6月23日‬の未勝利戦でデビュー勝ちを飾ると、破竹の3連勝でGⅠの大舞台に駒を進めてきたサトノダムゼル(牝3、堀)。はたしてデビューからわずか3か月半でのGⅠタイトル獲得となるか。

【秋華賞】カレンブーケドール 津村「いい感触でした」

<<下に続く>>

上原助手「操作性の高さはストロングポイント」

 上原助手は「台風の影響で金曜に輸送することも視野にいれて、今週は水曜に追い切りました。しまいの反応もよく、いい内容だったと思います。毛ヅヤも良くて状態はすごくいいと思います。デビューは遅くなりましたが、段々と体質が強化されてきましたし、操縦性の高さはストロングポイント。相手は一気に強化されますが、この馬もまだ底を見せていませんし、どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみにしています」と期待を語った。