2019コーフィールドステークス(G1)日本馬の近況(10月9日)

 10月12日(土)にオーストラリアのコーフィールド競馬場で行われるコーフィールドステークス(G1)に出走予定のスズカデヴィアス号(牡8・栗東・橋田満厩舎)の調教状況および関係者コメントは下記の通りです。

※コーフィールドステークス(G1)とコーフィールドカップ(G1)【10月19日(土)】は異なるレースです。

2019コーフィールドステークス(G1)日本馬の近況(10月3日)

●コーフィールドステークス(G1・芝2000m)
○スズカデヴィアス号(牡8・栗東・橋田満厩舎)
本日(現地時間10月9日(水))の調教状況
ウェリビー調教場
ポリトラックコース ハッキング
芝コース 併せ馬で5ハロンから最後の直線で軽く仕掛ける
注記:コーフィールドカップ(G1)出走予定のミラージュダンサー号と併せる
スズカデヴィアス号にはマイケル・ディー騎手が騎乗

橋田満調教師のコメント
「思った通りの調教が出来ました。騎手が最後仕掛けたのは馬を促すためで、まだ余裕があるとの話でした。調教後の息の入りもよく、出走間隔は開いていますが、涼しい環境も合い、仕上がり状態は良いと思います。オーストラリアの馬のことは詳しくわかりませんが、今回は揃ったメンバーと聞いていますので、ここをステップに次のレースに向けて、力関係を測ることができればと思っています。枠順は3番になりましたが、もともと後ろから行く馬なので、気にしていませんでした」

マイケル・ディー騎手(コーフィールドステークス(G1)で騎乗予定)のコメント
「手応え良く、反応も良いものでした。前回の騎乗時と比べ、馬に元気があるのを感じます。レースに向けては良い兆候でしょう。レース当日は、展開はわかりませんが、良い走りをしてくれると思います」

※JRA発表による