【凱旋門賞】ブラストワンピース関係者コメント

(C)K.Aoyama

 6日、フランスのロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1・3歳上・芝2400m)に出走したブラストワンピース(牡4・美浦・大竹正博)の関係者コメントは以下の通り。

【凱旋門賞】ヴァルトガイストが差し切り!エネイブルは2着 日本勢は見せ場なく敗退

11着 ブラストワンピース
川田将雅騎手
「ニューマーケットでも良い調教ができたので、良い状態で本番を迎えられました。レースも流れには乗れましたが、あまりにも馬場が緩すぎました。こっちはただでさえタフなコースですが、それに加えて今日の馬場は厳しかったです。日本馬3頭とも結果が出せず残念でしたが、この経験を生かしたいし、また挑戦したいです。日本に帰ってもみんな頑張ってくれると思いますので、応援よろしくお願いします」

大竹正博調教師
「見てのとおり残念な結果でした。パドックの周回も少なかったので、テンションも上がらずにいつもより良い状態でレースに向かえました。馬場は悪かったですが、どの馬も同じなので言い訳にはしたくないです。騎手との作戦どおり前目につける競馬ができましたが、フォルスストレートですでに手が動いていたので、直線はもう厳しかったですね。私にとっての初海外挑戦がこの凱旋門賞。自分のキャリアの浅さが足を引っ張ってしまいました。しかし、このデータをこれからどんどん蓄積していけば、いつか良い結果が出ると思います。またチャンスがあればこの舞台で走りたいです」

※JRA発表による