【凱旋門賞】キセキ 関係者コメント

(C)K.Aoyama

 6日、フランスのロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞(G1・3歳上・芝2400m)に出走したキセキ(牡5・栗東・角居勝彦)の関係者コメントは以下の通り。

【凱旋門賞】フィエールマン関係者コメント

7着 キセキ
C.スミヨン騎手
「とても良いレースでした。ずっとヴァルトガイストの隣を走っていて、3、4コーナーまで順調でしたが、直線はスピードを上げることができませんでした。パリロンシャンの馬場は特殊で、この粘りの強い馬場はキセキには適していませんでした」

角居勝彦調教師
「残念です。前目での競馬をする作戦だったので、思っていたポジションとは違いました。馬群に入りましたが、それほどは引っ掛かっていなかったように思いますし、この馬場も苦手ではなかったはずですが、やはり日本馬にこの馬場をこなすのは難しいですね。ヴィクトワールピサ以来でしたが、凱旋門賞は世界の名馬、名調教師が集うレースで、この挑戦は楽しかったです。今回は良い結果ではなかったですが、いつか皆さんに喜んでいただけるチャレンジができるように頑張ります」

※JRA発表による