【凱旋門賞】武豊「ヘビーな馬場」ジョッキーコメント

(C)K.Aoyama

 10月6日、ロンシャン競馬場で行われた、凱旋門賞(G1・2400m)は9番人気のヴァルトガイスト(牡5・仏・A.ファーブル)がエネイブルの3連覇を見事に打ち砕き、外から力強く差し切りを決めた。

6着 ソフトライト
武豊騎手
「前半全然ついていけなくて厳しいレースでしたが最後は頑張ってくれました。今日の芝はかなりヘビーな馬場で、タフな馬しか厳しかったと思います」

7着 キセキ
C.スミヨン騎手
「重い馬場でスピードを出すのに時間がかかりました。今日の馬場はキセキにとっていい馬場ではなかったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 6日、パリのロンシャン競馬場で行われた4R・凱旋門賞(G1・3歳上・芝2400m)でP.ブドー騎乗、ヴァルトガイスト(牡5・仏・A.ファーブル)が快勝した。2着にエネイブル(牝5・英・J.ゴスデン)、3着にソットサス(牡3・仏・JC.ルジェ)が入った。勝ちタイムは2:31.97(重)。

  日本から参戦したキセキ(牡5・栗東・角居勝彦)は7着、ブラストワンピース(牡4・美浦・大竹正博)は11着、フィエールマン(牡4・美浦・手塚貴久)は最下位に敗れた。また、フランスのソフトライト(牡3・仏・J.ルジェ)に騎乗した武豊騎手は後方から追い込み6着となっている。

ヴァルトガイストはフォワ賞を制してここへ参戦

 ヴァルトガイストは中団7番手のインに収まり、前を見ながら馬群の真ん中で直線を迎えた。バラけた馬群の中から徐々に外に持ち出し、先に抜け出したエネイブルを猛追、ラスト100mで一気にかわすとエネイブルの3連覇を打ち砕いた。

【全着順】
1着 ヴァルトガイスト
2着 エネイブル
3着 ソットサス
4着 ジャパン
5着 マジカル
6着 ソフトライト
7着 キセキ
8着 ナガノゴールド
9着 フレンチキング
10着 ガイヤース
11着 ブラストワンピース
12着 フィエールマン