【サフラン賞】武豊「身のこなしが柔らかい」マルターズディオサがV!

(C)Yushi Machida

 9月29日、中山競馬場で行われた9R・サフラン賞は、武豊騎乗4番人気のマルターズディオサが差し切りV。4角から抜群の手応えで上がっていき、ゴール前できっちり差し切りを決めた。

1着 マルターズディオサ
武豊騎手
「スタートは遅かったけど流れには乗っていました。4角回るときもいい感じだったし、身のこなしが柔らかくていい馬。先々楽しみです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 29日、中山競馬場で行われた9R・サフラン賞(2歳1勝クラス・500万下・牝・芝1600m)で4番人気、武豊騎乗、マルターズディオサ(牝2・美浦・手塚貴久)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のマジックキャッスル(牝2・美浦・国枝栄)、3着に1番人気のギルデッドミラー(牝2・栗東・松永幹夫)が入った。勝ちタイムは1:34.3(良)。

【スプリンターズS】ルメール「中山がちょっと心配だった」タワーオブロンドンが豪快な差し切り!

<<下に続く>>

キズナ産駒 マルターズディオサ

【サフラン賞】武豊「身のこなしが柔らかい」マルターズディオサがV!
(C)Yushi Machida

 武豊騎乗の4番人気、マルターズディオサが直線の競り合いを制して見事に差し切りを決めた。スタートは遅かったがレースでは後方2番手付近で流れに乗り終始リラックスした走りを見せた。4角では外からいい脚で上がっていき直線へ向くと、ゴール前マジックキャッスルとの追い比べを制した。鞍上の武豊騎手は「身のこなしが柔らかくていい馬」と同馬を評した。

マルターズディオサ 3戦2勝
(牝2・美浦・手塚貴久)
父:キズナ
母:トップオブドーラ
母父:Grand Slam
馬主:藤田在子
生産者:天羽禮治