【オールカマー】丸山「作戦も上手くいった」スティッフェリオが逃げ切りV!

(C)スポニチ

 9月22日、中山競馬場で行われたG2・オールカマーで4番人気に支持されたスティッフェリオがまんまと逃げ切り、人気のレイデオロ、ウインブライトを抑えて重賞3勝目を飾った。

オールカマー、勝利ジョッキーコメント
1着 スティッフェリオ
丸山元気騎手
「雰囲気よくリズム良く行けたので、4角手前からも反応良かったですし、良いレースでした。強いメンバーがいたので、ここでどれだけ走れるかなと思ったんですけど、馬場もいいですし、作戦もうまくいきましたね。小回りで結果をけっこう出しているので、広いコースでも良いレースが出来るように頑張りたいですね。素直ですし、とにかく乗りやすいので、どんな競馬でも対応出来るので楽しみですね。重賞勝たせてもらってもっとその上のG1というところで結果を出したいと思っていますし、勝ちたいので頑張っていきます」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 22日、中山競馬場で行われた11R・オールカマー(G2・3歳上オープン・芝2200m)で4番人気、丸山元気騎乗、スティッフェリオ(牡5・栗東・音無秀孝)が快勝した。1.3/4馬身差の2着にミッキースワロー(牡5・美浦・菊沢隆徳)、3着にグレイル(牡4・栗東・野中賢二)が入った。勝ちタイムは2:12.0(良)。

 1番人気で福永祐一騎乗、レイデオロ(牡5・美浦・藤沢和雄)は4着、2番人気で松岡正海騎乗、ウインブライト(牡5・美浦・畠山吉宏)は9着敗退。

【神戸新聞杯】ルメール「スーパーホース」サートゥルナーリアが完勝

<<下に続く>>

レイデオロ、ウインブライトはまさかの馬券圏外

 スティッフェリオが福島記念、小倉大賞典に続いて嬉しい重賞3勝目を飾った。スタートから押していき先頭を奪うと、勝負どころでは3番手以下をやや離しながらリードを保って直線へ。人気どころのレイデオロ、ウインブライトが後方でモタモタする中、軽快に逃げ脚を伸ばしてまんまと逃げ切りを決めた。

スティッフェリオ 23戦8勝
(牡5・栗東・音無秀孝)
父:ステイゴールド
母:シリアスアティテュード
母父:Mtoto
馬主:社台レースホース
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 スティッフェリオ
2着 ミッキースワロー
3着 グレイル
4着 レイデオロ
5着 クレッシェンドラヴ
6着 ゴーフォザサミット
7着 ショウナンバッハ
8着 エンジニア
9着 ウインブライト
10着 トニーファイブ