【武豊日記】頑張りどころ

マイラプソディと武豊騎手

 週末は月曜の敬老の日まで続く三日間競馬。昔はわざとみたいに移動に次ぐ移動をしていたような気がしますが、今回は阪神にじっくり腰を据えて乗ります。

 楽しみなのは、土曜日の2歳オープン「野路菊S」のマイラプソディ。新馬戦の勝ち方が非常に良かった馬で、ここも連勝できるようなら将来の楽しみが大きく膨らみます。

【武豊日記】不思議な夏

 この馬のオーナーはボクを熱烈に応援してくださるキーファーズ。先週はゴータイミングが勝ち、プリュスが3着。2頭の母は凱旋門賞にルメール騎乗で出走して7着だったサラフィナで、どちらもキーファーズの所有馬です。フランスでも、このサラフィナの子サヴァランが勝ってデビューから2連勝。これもキーファーズ所有ですから、オーナーにも勢いがあります。もしかしたら、凱旋門賞当日の2歳牝馬のG1、マルセルブサック賞(ロンシャン、芝1600m)に出走ということもあるかもしれません。

 このいい流れを凱旋門賞まで繋げられるように、という意味でも今週の競馬はボクにとっても頑張りどころです。

(C)武豊オフィシャルサイト