【セントライト記念】ルヴォルグ ルメールを配して勝負

セントライト記念
ルヴォルグ

 札幌で古馬相手の1勝クラスを制して駒を進めてきたのはルヴォルグ(牡3、藤沢和)。名手・ルメールを配しての重賞挑戦は、勝負気配を漂わせる。

【セントライト記念】ランフォザローゼス 藤沢和師「今度は違う」

<<下に続く>>

前走は強い勝ちっぷり

 藤沢和調教師は「春のプリンシパルS(6着)は雹で1週延びたうえ、レースでもゴチャつく場面があったからね。その点、前走はスタート後に落ちそうになる場面がありながらも、強い勝ちっぷりだった。今度は重賞ですが、中山も合いそうなので期待しています」と抱負を語った。