【野分特別】武豊ゴータイミングが3勝目を飾る

 7日、阪神競馬場で行われた9R・野分特別(3歳上2勝クラス・1000万下・芝1800m)で2番人気、武豊騎乗、ゴータイミング(牡3・栗東・松永幹夫・担当装蹄師/西内荘)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に1番人気のカリボール(牡3・栗東・須貝尚介)、3着にアグネスリバティ(牡6・栗東・宮本博)が入った。勝ちタイムは1:44.7(良)。

【アスター賞】サクセッションが圧倒的人気に応えてデビュー2連勝!

<<下に続く>>

木梨憲武さんが命名

 武豊騎乗、2番人気のゴータイミングが後方から差し切り3勝目を飾った。スタートの出はイマイチも慌てることなく後方2番手できっちり折り合い、ポジションをキープ。経済コースを通り前との差をコーナーリングで詰めていくと、直線入り口ではスルスルと4番手付近へ。そこから狭いスペースを上手く抜けてスパートを開始すると、楽々差し切ってゴール。武豊騎手のロスのない手綱さばきも見事で同馬を勝利に導いた。

ゴータイミング 7戦3勝
(牡3・栗東・松永幹夫・担当装蹄師/西内荘)
父:ディープインパクト
母:サラフィナ
母父:Refuse To Bend
馬主:キーファーズ
生産者:社台ファーム