【盛岡・青藍賞】注目馬情報

 9月8日、盛岡競馬場で行われる第27回青藍賞(M2・OP・ダ1600m)の注目馬情報は下記の通り。

【盛岡・ビギナーズC】レース結果と関係者コメント

IBC杯
第27回 青藍賞(M2・OP・ダ1600m)
9月8日(日)18:10発走
盛岡競馬場

 青藍賞の創設は1993年。当初は2000mを舞台に行われていましたが、2000年から距離が1600mへ変更。現在は“Road to 南部杯”の岩手代表切符を獲得する一戦。1着馬には10月14日、盛岡ダート1600mで行われる「第32回マイルチャンピオンシップ南部杯」(JpnⅠ)の優先出走権が与えられます。また青藍賞の命名由来は『青は藍より出でて藍より青し』から。若駒の挑戦を奨励し、過去に4歳馬7頭、3歳馬から1頭の優勝馬が出ています。

★ロジストーム
今春、赤松杯、シアンモア記念と重賞2連勝を飾り、春のマイル王に君臨しました。前走は3ヵ月ぶりの実戦に加え、58キロのトップハンデを背負いましたが、アッサリ克服。世界の良血が迫力を増す一方です。

★ハドソンホーネット
3度目の岩手帰郷後、あすなろ賞1着からみちのく大賞典へ出陣。水沢2000mレコードを大幅更新し、初のビッグタイトルを獲得しました。夏場も放牧先でしっかり乗り込まれ、万全の態勢で臨みます。

★ダイチラディウス
昨年は7ヵ月の休養を余儀なくされ、不本意なシーズンとなりましたが、無理をしなかったのが奏功。今季は順調に使われ、3勝マーク。青藍賞トライアル・すずらん賞を圧勝し、秘めた素質を開花させました。

★エンパイアペガサス
みちのく大賞典2連覇、報知グランプリC(船橋)、オグリキャップ記念圧勝など重賞13勝。昨年の青藍賞も制するなど断然の実績を誇ります。みちのく大賞典3連覇はなりませんでしたが、リフレッシュして反撃必至。