【新馬/新潟5R】ロードエクスプレスが3馬身半突き放してデビュー勝ち

(C)スポニチ

 1日、新潟競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1400m)で3番人気、三浦皇成騎乗、ロードエクスプレス(牡2・栗東・坂口智康)が快勝した。3.1/2馬身差の2着に2番人気のチアチアクラシカ(牝2・美浦・堀井雅広)、3着にネバーランド(牡2・美浦・岩戸孝樹)が入った。勝ちタイムは1:23.1(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、エストロ(牝2・美浦・萩原清)は、4着敗退。

<<下に続く>>

キンシャサノキセキ産駒 ロードエクスプレス

 ロードエクスプレスは好ダッシュを決めて3番手のインでロスなく競馬を進めると、直線では上手く外に持ち出し楽に抜け出した。前後半を35.3-35.9、ミドルペースのラストは12.3-11.9-11.7と加速して締め、3馬身半差の楽勝だった。

ロードエクスプレス 1戦1勝
(牡2・栗東・坂口智康)
父:キンシャサノキセキ
母:クインズラッシュ
母父:スウェプトオーヴァーボード
馬主:ロードホースクラブ
生産者:松田牧場