【札幌2歳S】石川裕「すごくバネの効いた走り」ブラックホールが重賞初制覇!

(C)スポニチ

 8月31日、札幌競馬場で行われたG3・札幌2歳ステークスは、5番人気のゴールドシップ産駒、ブラックホールが後方から差し切り嬉しい重賞初制覇を飾った。2着にも武豊騎乗のゴールドシップ産駒サトノゴールドが入り、新種牡馬産駒でワンツーフィニッシュを飾った。

札幌2歳ステークス、勝利ジョッキーコメント
1着 ブラックホール
石川裕紀人騎手
「スゴイ嬉しいですね。北海道開催でなかなか勝てなかったので、最後の最後に少し目立つことが出来たかなって思います。3戦目ですし、これから成長してくるような馬なんですけど、前回は競馬の前に落鉄するっていうアクシデントが少しあったんですけど、その中でも、ちょっとぎこちない走りではありましたが勝ってくれたので、普通以上の重賞でやれる能力はあるような勝ち方で自信をもって臨みました。ゴールドシップの初年度産駒ということで、これからどんどんファンも増えてくれると思いますし、成長することを祈っています。小柄な馬ですけど、すごくバネの利いた走りで、毎回毎回一生懸命頑張ってくれるので、ひとつひとつ競馬を教えていければ来年の大きいところでも活躍してくれるかなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 31日、札幌競馬場で行われた11R・札幌2歳ステークス(G3・2歳オープン・芝1800m)で5番人気、石川裕紀人騎乗、ブラックホール(牡2・美浦・相沢郁)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にサトノゴールド(牡2・栗東・須貝尚介)、3着に2番人気のダーリントンホール(牡2・美浦・木村哲也)が入った。勝ちタイムは1:50.4(稍重)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、ゴルコンダ(牡2・美浦・木村哲也)は、6着敗退。

【札幌8R】武豊騎乗の良血馬ブラヴァスが2勝目!ラスト1ハロンの脚色目立つ

<<下に続く>>

武豊騎乗 ゴールドシップ産駒のサトノゴールドが2着

 札幌の最終週を飾る2歳馬の重賞、札幌2歳ステークスは5番人気のゴールドシップ産駒、ブラックホールが快勝した。レースでは後方3番手の位置からじっくりと進めた。勝負どころから大外を回って勢いよく差を詰めると、直線一気の末脚を発揮。鞍上の石川裕紀人騎手はガッツポーズを見せ嬉しい重賞制覇を飾った。2着には最後方から追い込んだ武豊騎乗のサトノゴールドが入りゴールドシップ産駒のワンツーとなっている。

ブラックホール 3戦2勝
(牡2・美浦・相沢郁)
父:ゴールドシップ
母:ヴィーヴァブーケ
母父:キングカメハメハ
馬主:芹澤精一
生産者:杵臼牧場

【全着順】
1着 ブラックホール
2着 サトノゴールド
3着 ダーリントンホール
4着 レザネフォール
5着 ヨハネスボーイ
6着 ゴルコンダ
7着 コンドゥクシオン
8着 ディアセオリー
9着 カップッチョ
10着 コスモインペリウム
11着 エイリアス
12着 アールクインダム