【新潟記念】レイエンダ 軌道に乗って2つ目のタイトル狙う

新潟記念
レイエンダ

 ダービー馬・レイデオロを全兄にもつ良血レイエンダ(牡4、藤沢和)。骨折のアクシデントなどもあり、ここまで出世が遅れたが前走、GⅢエプソムCを制して重賞ウイナーの仲間入りをはたした。勢いに乗って2つ目のタイトル獲得を狙う。

【新潟記念】アクート 得意の新潟なら重賞でも上位

<<下に続く>>

兄はダービー馬レイデオロ

 津曲助手は「前走は稍重馬場のなか、着差以上に強い内容だった。リズムを崩していた時期もあったけど、もともと期待の大きかった馬ですからね。ようやく軌道に乗ってきたし、引き続き好勝負できると思う」と手応えありの表情だ。

【新潟記念】ジナンボー 着実に勝ち星を重ね開花