【キーンランドC】ルメール「1200mは2回目」タワーオブロンドンは見せ場十分の2着

 2番人気に支持されたタワーオブロンドンは、トップハンデの58キロを背負いながらも見せ場十分の2着。鞍上のルメール騎手は1200mがまだ2度目で良い結果を出せたことには納得の様子だった。

2着 タワーオブロンドン
C.ルメール騎手
「すごくいい結果を出してくれました。このメンバーで負けたのはしょうがないです。1200mは2回目で経験が少ないですし、スタートで躓きました。その後は冷静に走ってて最後はすごくいい脚を使ってくれた。ずっとスプリントホースだと思っていました」

 レース結果、詳細は下記の通り。

 25日、札幌競馬場で行われた11R・キーンランドカップ(G3・3歳上オープン・芝1200m)で1番人気、川田将雅騎乗、ダノンスマッシュ(牡4・栗東・安田隆行)が快勝した。3/4馬身差の2着に2番人気のタワーオブロンドン(牡4・美浦・藤沢和雄)、3着にリナーテ(牝5・栗東・須貝尚介)が入った。勝ちタイムは1:09.2(稍重)。

【キーンランドC】川田「改めて能力を再確認」ダノンスマッシュが人気に応える

<<下に続く>>

ロードカナロア産駒 ダノンスマッシュ

【キーンランドC】ルメール「1200mは2回目」タワーオブロンドンは見せ場十分の2着

 ダノンスマッシュは好スタート好ダッシュを決めるとすっと下げていき中団やや前目から。33.2のやや早めの先行争いをじっくりと見るポジションで直線へ向くと、ラスト1ハロンから猛追し、一気に先行各馬をかわし去った。春には高松宮記念で1番人気に支持された実績馬がキッチリと力を出した。

ダノンスマッシュ 13戦6勝
(牡4・栗東・安田隆行)
父:ロードカナロア
母:スピニングワイルドキャット
母父:Hard Spun
馬主:ダノックス
生産者:ケイアイファーム

【全着順】
1着 ダノンスマッシュ
2着 タワーオブロンドン
3着 リナーテ
4着 ライトオンキュー
5着 ナックビーナス
6着 セイウンコウセイ
7着 ペイシャフェリシタ
8着 デアレガーロ
9着 パラダイスガーデン
10着 ハッピーアワー
11着 ライオンボス
12着 カイザーメランジェ
13着 シュウジ
14着 ダイメイフジ
15着 サフランハート
16着 アスターペガサス