【ブリーダーズゴールドC】戸崎「最後は馬の力で…」アンデスクイーンが交流重賞初制覇!

 8月15日、門別競馬場で行われた交流G3・ブリーダーズゴールドカップは2番人気のアンデスクイーンが快勝。2着に1番人気のプリンシアコメータが入り、上位入線はJRA勢で独占となった。

ブリーダーズゴールドカップ、勝利ジョッキーコメント
1着 アンデスクイーン
戸崎圭太騎手
「上手くかわせそうな手応えはあったんですけど、ジリジリと伸びていく感じで前もしぶとかったです。最後は馬の力でかわしてくれたんだと思います。ある程度良いところには付けたいなと思っていまして、今日は返し馬から行きっぷりも良くて状態の良さは素晴らしいものを感じましたね。スムーズに競馬出来ましたし、前だけを捉えれば勝てるなという感じだったので、この馬はちょっと勝負どころもたつくところがあるんですけども、直線向いてからまたギアが上がるような馬でそれを信じてしっかりと交わしてくれましたね。初めて乗せていただいた時から女馬ですけれどもどっしりとしてパワーある馬だなと感じていましたので、ここで賞金加算出来ましたし、今後更に良いレースを期待出来ると思います。(G1を期待してもいいでしょうか?)そうですね。状態も上がっていますし、馬も良くなっていることと思いますので楽しみだと思います。本日は競馬場にお越し頂きまして、熱いレースを見ていただきありがとうございます。この馬本当にもっともっとこの先楽しみなレース見せてくれると思いますので、応援してあげてください。今日はどうもありがとうございました」

レース結果、詳細は下記の通り。

 15日、門別競馬場で行われた11R・ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3・3歳上オープン・牝・ダ2000m)で2番人気、戸崎圭太騎乗、アンデスクイーン(牝5・栗東・西園正都)が快勝した。1/2馬身差の2着に1番人気のプリンシアコメータ(牝6・美浦・矢野英一)、3着にラインカリーナ(牝3・美浦・武藤善則)が入った。勝ちタイムは2:06.2(稍重)。

【ブリーダーズゴールドC】アンデスクイーンが交流重賞初制覇!

【ブリーダーズゴールドC】戸崎「最後は馬の力で…」アンデスクイーンが交流重賞初制覇!
【ブリーダーズゴールドC】戸崎「最後は馬の力で…」アンデスクイーンが交流重賞初制覇!

タートルボウル産駒 アンデスクイーン

 プリンシアコメータ、ラインカリーナの後ろから虎視眈々と狙ったアンデスクイーンが見事に接戦を制して嬉しい交流重賞初制覇を飾った。ランカリーナが引っ張る展開を一列後ろの3.4番手と絶好のポジションでレースを展開。直線で追い出されるとゴール前は三頭横並びの際どい勝負を外からねじ伏せるように差し切った。上位はJRA勢が独占し、人気通りの決着となった。

アンデスクイーン 26戦6勝
(牝5・栗東・西園正都)
父:タートルボウル
母:レイナカスターニャ
母父:キングカメハメハ
馬主:グリーンファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 アンデスクイーン
2着 プリンシアコメータ
3着 ラインカリーナ
4着 クイーンマンボ
5着 ビスカリア
6着 アルティマウェポン
7着 ソーディスイズラヴ
8着 クオリティスタート
9着 ジュンアイノキミ
10着 ゴッドパイレーツ
11着 ザワールド