【エルムS】福永「グリムが相手だと思って…」レース後ジョッキーコメント

 8月11日、札幌競馬場で行われたG3・エルムステークスは、2番人気に支持されたモズアトラクションがしぶとく差し切りを決め、重賞初制覇を飾った。1番人気に支持された武豊騎乗のグリムは7着敗退。

エルムステークス、レース後ジョッキーコメント
1着 モズアトラクション
藤岡康太騎手
「すごく良い状態だと感じました。前走で確認したことなどを踏まえた上で、強い馬も前にいるのでそれをなんとか捕まえられるように乗りました。リズム自体はすごく良かったですし、流れもはやく流れてくれていたので、この馬にとって良い展開になりました。3コーナーから追い上げていく脚がすごく良かったので、上手く内をさばくことも出来ましたし良かったです。本当に能力はすごく良いものを持っているので、これからも頑張ってくれると思います。前半なかなか良い結果を出せていないんですけれども、今日勝てたことで、後半戦もっと頑張れるように応援よろしくお願いします」

2着 ハイランドピーク
横山和生騎手
「返し馬の時から良かったです。上手く内をさばいて行けました。まだ復調途上ですが2着に頑張ってくれました」

3着 サトノティターン
藤岡佑介騎手
「1コーナーで被されてしまい下げるかたちになったのが残念でした。それでも早めに動きながら長い脚を使い小回りも苦にしませんでした。スケールが大きい馬でまだ伸びしろがあると感じました」

4着 レッドアトゥ
福永祐一騎手
「グリムが相手だと思って外を回ったのですが、勝ち馬が通った内を回っていけば良かったです。その分の差です」

【関屋記念】石橋脩「返し馬から変な汗…」レース後ジョッキーコメント

<<下に続く>>

国分恭「よく粘ってくれました」

5着 リアンヴェリテ
国分恭介騎手
「馬のスピードを殺さないように乗ったんですが、ハイペースの中でよく粘ってくれました」

7着 グリム
武豊騎手
「感じは良かったのですが、今日は今までとは違うかたちになりました。速い流れのレースも経験がないのですが、対応出来ると思っていました。4コーナーで手応えが無かったのは初めてです。自信があったのですが残念です」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 11日、札幌競馬場で行われた11R・エルムステークス(G3・3歳上オープン・ダ1700m)で2番人気、藤岡康太騎乗、モズアトラクション(牡5・栗東・松下武士)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にハイランドピーク(牡5・美浦・土田稔)、3着にサトノティターン(牡6・美浦・堀宣行)が入った。勝ちタイムは1:41.9(稍重)。

 1番人気で武豊騎乗、グリム(牡4・栗東・野中賢二)は、7着敗退。

ジャングルポケット産駒 モズアトラクション

 激しい先行争いを尻目に、後方で虎視眈々と脚を溜めたモズアトラクションが見事に差し切り。重賞初制覇を飾った。1番人気で武豊騎乗のグリムは道中の追走も楽ではなく、直線でも伸びずに7着敗退となっている。

モズアトラクション 28戦6勝
(牡5・栗東・松下武士)
父:ジャングルポケット
母:エーシンラクーリエ
母父:コロナドズクエスト
馬主:キャピタル・システム
生産者:築紫洋

【全着順】
1着 モズアトラクション
2着 ハイランドピーク
3着 サトノティターン
4着 レッドアトゥ
5着 リアンヴェリテ
6着 タイムフライヤー
7着 グリム
8着 テーオーエナジー
9着 モルトベーネ
10着 サングラス
11着 ドリームキラリ
12着 メイショウスミトモ
13着 リーゼントロック
14着 マルターズアポジー