2019インターナショナルステークス(G1)日本馬の近況(8月10日)

 8月21日(水)にイギリスのヨーク競馬場で行われるインターナショナルステークス(G1)に出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記の通りです。

【英シャーガーC】藤田菜七子は個人10位タイ

●インターナショナルステークス(G1)
(芝・2050メートル)

○シュヴァルグラン号(牡7・栗東・友道康夫厩舎)
本日(現地時間8月10日)の調教状況
ニューマーケット調教場
アルバハスリ ポリトラックコース→ギャロップ 6ハロン
大江祐輔調教助手 騎乗

大江祐輔調教助手のコメント
「前走は緩い馬場でもしっかりと走ってくれました。リフレッシュして回復させるために一週間程度は休ませて様子を見て調整してきました。その後は順調に問題なく、いつもどおりの調整ができています。息の入りも良いですし、さらに上積みもあると思うので、また次のレースに向けて準備をしていきます」

※JRA発表による