【函館2歳S】武豊「スタート後に寄られて…」レース後 ジョッキーコメント

 7月21日、函館競馬場で行われたG3・函館2歳ステークス(2歳オープン・芝1200m)はキズナ産駒のビアンフェが2歳重賞1番星を飾った。新種牡馬のキズナ産駒はJRA重賞初制覇。勝利した藤岡佑介騎手は函館開催で15勝を飾りリーディングを獲得した。

函館2歳ステークス、ジョッキーコメント
1着 ビアンフェ
藤岡佑介騎手
「函館にきて3走目で少し苦しがる素振りを見せたので少し心配はしていたんですけど、本当にスピードと能力で勝ちきってくれたという感じですね。体調に関してはすごく良さそうだったのであとはもう気持ちがどこまで我慢出来るかという感じでしたけど、上手く調整していただいたと思います。ラップ自体は2歳戦にしては早いラップだとは思うんですけれど、本当に楽に先手取れたので素晴らしいスピードのある馬だなという感じですね。かなり向かい風が強いコンディションになっていたんですけど力強くゴール盤まで伸びきってくれたので強い内容だったと思います。すごく良血の馬ですし、デビュー前から2歳ステークスにという話で騎乗依頼を頂いた馬だったのできっちり結果で応えられて良かったです」

2着 タイセイビジョン
C.ルメール騎手
「前走は1400メートルを使っていて最初は少し忙しかったですね。直線で抜け出してから、良い脚を使ってくれましたが距離はもう少し欲しいです」

3着 プリンスリターン
原田和真騎手
「ゲートの出が良く、新馬戦の上積みもありました。スムーズに競馬が出来ました」

4着 パフェムリ
菱田裕二騎手
「直線で前が壁になっていて、進路を内に切り替えました。もう1列前で競馬がしたかったですね」

【中京記念】福永「ハンデ差ですね」レース後 ジョッキーコメント

<<下に続く>>

北村友「終始内にもたれて…」

5着 レッドヴェイパー
北村友一騎手
「ゲートの出が悪かったです。もっと良い位置で競馬がしたかったのですが、終始内にもたれている感じもありました…」

10着 スマートカーリー
武豊騎手
「スタート後に外から寄られて、良いかたちではありませんでした…」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 21日、函館競馬場で行われた11R・函館2歳ステークス(G3・2歳オープン・芝1200m)で4番人気、藤岡佑介騎乗、ビアンフェ(牡2・栗東・中竹和也)が快勝した。1.3/4馬身差の2着に2番人気のタイセイビジョン(牡2・栗東・西村真幸)、3着にプリンスリターン(牡2・栗東・加用正)が入った。勝ちタイムは1:09.2(良)。

 1番人気で北村友一騎乗、レッドヴェイパー(牝2・栗東・安田隆行)は、5着敗退。なお、9番のマンバーは競走除外となっている。

キズナ産駒 ビアンフェ

 第80回日本ダービー馬キズナの仔が早くも重賞初制覇を飾った。ビアンフェはスタートで後手を踏むも最内からダッシュをつけて先頭を奪った。レースを引っ張り勝負どころからも抜群の手応えで直線へ向くと、後続を突き放し押し切ってゴール。スピードスタミナの違いを見せて、嬉しい2歳重賞1番星をゲットした。

ビアンフェ 3戦2勝
(牝2・栗東・中竹和也)
父:キズナ
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
馬主:前田幸貴
生産者:ノースヒルズ

【全着順】
1着 ビアンフェ
2着 タイセイビジョン
3着 プリンスリターン
4着 パフェムリ
5着 レッドヴェイパー
6着 ブルーパピヨン
7着 メイショウナパワン
8着 リュウノゲキリン
9着 プリモジョーカー
10着 スマートカーリー
11着 ヤマメ
12着 アザワク
13着 イーサンティラノ
14着 ゴッドスター
15着 バブルガムダンサー
競走除外 マンバー