【ジャパンダートダービー】クリソベリルが無傷の4連勝で交流G1制覇!

 10日、大井競馬場で行われた11R・ジャパンダートダービー(Jpn1・3歳オープン・ダ2000m)で1番人気、川田将雅騎乗、クリソベリル(牡3・栗東・音無秀孝)が快勝した。3馬身差の2着にデルマルーヴル(牡3美浦・戸田博文)、3着にミューチャリー(牡3・船橋・矢野義幸)が入った。勝ちタイムは2:06.1(稍重)。

 2番人気で津村明秀騎乗、デアフルーグ(牡3・美浦・鈴木伸尋)は、8着敗退。

【大谷亮平さんTCK来場記念】大谷亮平「事務所のスタッフが当たりました!」来場記念トークショーが行われる

<<下に続く>>

兄弟にマリアライト、クリソライト

 クリソベリルが無傷の4連勝で交流G1初制覇を飾った。デビュー戦で7馬身差、続く2戦目でも7馬身、前走の兵庫チャンピオンシップを5馬身差で重賞初勝利を飾ると、今回のジャパンダートダービーを3馬身差で勝利し、単勝1.2倍の圧倒的人気に応えた。レースでは6番手付近外目を追走し、直線半ばで先頭。圧倒的なパフォーマンスでライバルに差をつけ、ダート界のディープインパクトと形容するに相応しい勝ちっぷりを見せた。

クリソベリル 4戦4勝
(牡3・栗東・音無秀孝)
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 クリソベリル 
2着 デルマルーヴル
3着 ミューチャリー
4着 ウィンターフェル
5着 ヒカリオーソ
6着 トイガー
7着 グリードパルフェ
8着 デアフルーグ
9着 ホワイトヘッド
10着 ロードグラディオ
11着 ドウドウキリシマ
12着 メスキータ
13着 サクセッサー
14着 ナンヨーオボロヅキ