セレクトセールが初の200億円突破!落札総額が過去最高

 北海道のノーザンホースパークで開かれていた国内最大のサラブレッドセール「セレクトセール」(日本競走馬協会主催)は8日、9日と開催され、2日間の落札総額は205億1600万円と初めて200億円を突破。昨年の179億1900万円を上回り大幅に更新した。

ブルトガングが安楽死処分 全姉は桜花賞馬のグランアレグリア

<<下に続く>>

最高落札額は4億7千万円 タイタンクイーンの2019

 注力の新種牡馬産駒もエントリーし、キタサンブラック産駒が当歳部門にエントリーされ、G1を7勝したジェンティルドンナの半弟にあたるドナブリーニの2019はHIROKIカンパニーが1億6000万円で落札。2日間を通しての落札最高価格は近藤利一氏が購買した4億7000万円で、父ディープインパクト、母タイタンクイーンの当歳馬だった。