【ジャパンダートダービー】枠順と見どころ

デルマルーヴル(2018オキザリス賞)

 7月10日(水)大井競馬場で行われる、ジャパンダートダービー(Jpn1・3歳オープン・ダ2000m)の枠順は下記の通り。

 本命はクリソベリル。ここまで3戦して、デビュー戦と500万下で7馬身差の圧勝。前走の兵庫チャンピオンシップ(GⅡ)は3番手追走から2周目の3コーナー過ぎで先頭に立つと、5馬身差の圧勝劇だった。国内外で重賞6勝の全兄クリソライトに続く、JDDのタイトル獲得を目指す。

 2番手はデアフルーグ。1番人気だった前走のユニコーンS(GⅢ)こそ7着に敗れたが、2走前の青竜S(OP)はクビ差2着、3走前の伏竜S(OP)は完勝劇だった。高いレベルを示しており、巻き返しは十分期待できる。

 初ダートだったリボン賞(2勝クラス)を勝ったロードグラディオは、古馬相手に1馬身‪3/4‬差で快勝。まだ底を見せていないだけに、M.デムーロを鞍上に迎え、1発を狙う。

 デルマルーヴルは前走のUAEダービー(GⅡ)で直線一気の末脚を伸ばし、4着に食い込んだ。2000㍍の距離も問題なく、大井を知る戸崎圭太との新コンビで戴冠を狙う。発走は‪10日20時05分。‬

ブルトガングが安楽死処分 全姉は桜花賞馬のグランアレグリア

<<下に続く>>

デアフルーグは6枠10番‬

【ジャパンダートダービー】枠順と見どころ
デアフルーグ(ユニコーンS)

1-1
グリードパルフェ
牡3・56.0・笹川翼
山田信大・船橋

2-2
ヒカリオーソ
牡3・56.0・山崎誠士
岩本洋・川崎

3-3
ロードグラディオ
牡3・56.0・M.デムーロ
西浦勝一・JRA

3-4
ミューチャリー
牡3・56.0・御神本訓史
矢野義幸・船橋

4-5
デルマルーヴル
牡3・56.0・戸崎圭太
戸田博文・JRA

4-6
トイガー
牡3・56.0・宮崎北斗
高市圭二・ JRA

5-7
ホワイトヘッド
牡3・56.0・本橋孝太
川島正一・船橋

5-8
サクセッサー
牡3・56.0・石崎駿
佐藤賢二・船橋

6-9
メスキータ
牡3・56.0・松山弘平
山内研二・JRA

6-10
デアフルーグ
牡3・56.0・津村明秀
鈴木伸尋・JRA

7-11
ドウドウキリシマ
牡3・56.0・真島大輔
村山明・JRA

7-12
クリソベリル
牡3・56.0・川田将雅
音無秀孝・JRA

8-13
ウィンターフェル
牡3・56.0・森泰斗
川島正一・船橋

8-14
ナンヨーオボロヅキ
牝3・54.0・赤岡修次
雑賀正光・高知