ブルトガングが安楽死処分 全姉は桜花賞馬のグランアレグリア

(C)K.Aoyama

6月22日に東京競馬場で行われた2歳新馬戦(芝1800m)を制したブルトガング(牡2・美浦・手塚貴久)は、予後不良の診断がくだされ、安楽死処分となったことが、所属するサンデーサラブレッドクラブの公式ホームページで発表された。

 同馬は7日の昼過ぎから厩舎の中で立ち上がれなくなり、横になったままの状態が続いていた。その後も起き上がることができず、9日(火)の朝に予後不良の診断がくだされ安楽死処分となった。現時点で原因は特定出来ておらず、獣医によると頚椎狭窄による腰萎(ようい)である可能性が高いという見解のようだ。

グランアレグリア全弟 ブルトガングが圧勝デビューV!

<<下に続く>>

全姉にグランアレグリア

 ブルトガングは父ディープインパクト×母タピッツフライ、1つ上の全姉に今年の桜花賞を制したグランアレグリアがいる超良血馬。デビュー戦は断然人気に応え、今後の活躍が期待されていた。