【日曜福島/2R】藤田菜七子が凱旋V!今年JRA17勝目

 7日、福島競馬場で行われた第2レース・2歳未勝利(芝1200m)で藤田菜七子騎乗のコパノビアンカが快勝。同騎手は6月30日に行われたウィメンジョッキーズWCで世界一の座に輝き、凱旋Vを果たした。レースでは積極的な運びで番手から抜け出す見事な勝利。ドクターコパこと小林祥晃オーナーも笑顔で口取り写真に収まった。同騎手は今年のJRA17勝目、通算64勝目の勝利。

1着 コパノビアンカ
藤田菜七子騎手
「番手の競馬で、馬場に脚を取られる場面もありましたがよく頑張ってくれました。前走よりも良くなっているなという印象でしたし、距離も合っていると思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

【日曜福島/2R】藤田菜七子が凱旋V!今年JRA17勝目

 7日、福島競馬場で行われた2R・2歳未勝利(芝1200m)で3番人気、藤田菜七子騎乗、コパノビアンカ(牝2・美浦・林徹)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にシュルルヴァン(牝2・美浦・高木登)、3着にコスモシークレット(牡2・美浦・高橋義博)が入った。勝ちタイムは1:10.7(稍重)。

 1番人気で三浦皇成騎乗、シゲルタイタン(牡2・美浦・伊藤圭三)は7着、 2番人気で和田竜二騎乗、ホールタイム(牡2・栗東・高橋義忠)は8着敗退。

藤田菜七子「サンキューベリーマッチ!」快挙達成 ウィメンジョッキーズWCで優勝!

<<下に続く>>

ウィメンジョッキーズWCで世界女王

【日曜福島/2R】藤田菜七子が凱旋V!今年JRA17勝目

藤田菜七子が凱旋Vだ。6月30日に行われたウィメンジョッキーズWCで女性ジョッキーの世界女王の座を獲得し、帰国後の初勝利をコパノビアンカで飾った。レースではソツなく先行し、2番手から抜け出す完勝。福島競馬場は大きな歓声に包まれた。

コパノビアンカ 3戦1勝
(牝2・美浦・林徹)
父:ノヴェリスト
母:レンデフルール
母父:ブライアンズタイム
馬主:小林祥晃
生産者:武田牧場