【CBC賞】福永「何も見えなくて…」レッドアンシェルが人気に応える

(C)スポニチ

 6月30日に中京競馬場で行われたCBC賞(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1200m)は1番人気のレッドアンシェルが中団から差し切り。モヤがかかる程の大雨の中、しっかり末脚を伸ばして嬉しい重賞初制覇を飾った。

1着 レッドアンシェル
福永祐一騎手
「内から迫ってくる馬がいてなんとか凌いでくれという思いで追っていました。スタートが良かったですし大体イメージしたポジションでレースが出来ました。ただ雨が凄くて何も見えなくて外を回っていました。コンディションは前走より良く感じましたし、返し馬の感じも良かったです。重い馬場も苦にせず大変な馬場でも一生懸命走ってくれました。この後もこのカテゴリーでトップを目指して欲しいと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 30日、中京競馬場で行われた11R・CBC賞(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1200m)で1番人気、福永祐一騎乗、レッドアンシェル(牡5・栗東・庄野靖志)が快勝した。クビ差の2着にアレスバローズ(牡7・栗東・角田晃一)、3着に2番人気のセイウンコウセイ(牡6・美浦・上原博之)が入った。勝ちタイムは1:09.8(不良)。

【ラジオNIKKEI賞】田辺「外枠を引けたのは良かった」ブレイキングドーンが重賞初制覇

<<下に続く>>

マンハッタンカフェ産駒 レッドアンシェル

 凄まじい雨の中行われたCBC賞は1番人気のレッドアンシェルが人気に応えた。モヤがかかる程の大雨の中、レッドアンシェルは中団外目で折り合いよく追走。直線では昨年の覇者、アレスバローズが最内を強襲して抜けだしたが外からレッドアンシェルがねじ伏せるように差し切り。レッドアンシェルは嬉しい重賞初制覇を飾った。

レッドアンシェル 15戦5勝
(牡5・栗東・庄野靖志)
父:マンハッタンカフェ
母:スタイルリスティック
母父:Storm Cat
馬主:東京ホースレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レッドアンシェル
2着 アレスバローズ
3着 セイウンコウセイ
4着 キョウワゼノビア
5着 ビップライブリー
6着 グランドボヌール
7着 コパノディール
8着 アウィルアウェイ
9着 ラインスピリット
10着 ラベンダーヴァレイ
11着 メイショウケイメイ
12着 ショウナンアンセム
13着 タマモブリリアン