【ラジオNIKKEI賞】ウインゼノビア 距離短縮、小回りでチャンス

ラジオNIKKEI賞
ウインゼノビア

 オークスでは13着に敗れたウインゼノビア(牝3、青木)だが、昨夏にオープン・クローバー賞を制し、GⅢアルテミスSでも4着に食い込むなど、マイル前後の距離では底を見せていない。

【ラジオNIKKEI賞】ディキシーナイト 国枝師「先週今週と動きはいい」

<<下に続く>>

オークスでは13着敗退

 中尾助手は「前走は距離が長かったうえに、GⅠのスタンド前発走でテンションが上がって立ち遅れてしまったのが敗因。中間は在厩で調整していい仕上がりですし、暖かい時季が合うようで毛ヅヤも冴えてきました。距離短縮と小回りコースで改めて」と巻き返しに期待を寄せた。