【新馬/阪神5R】またしてもシルク!ラウダシオンが圧倒的人気に応える

 22日、阪神競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1200m)で1番人気、福永祐一騎乗、ラウダシオン(牡2・栗東・斉藤崇史)が快勝した。1.1/2馬身差の2着にリインフォース(牡2・栗東・石坂公一)、3着にピエナアメリカ(牡2・栗東・谷潔)が入った。勝ちタイムは1:10.7良)。

 2番人気で武豊騎乗、メイショウホルス(牡2・栗東・本田優)は、5着敗退。

【新馬/函館5R】ヴィクトワールピサ産駒 パフェムリが3馬身差の圧勝

シルクレーシングは新馬戦6勝目

 新馬戦開幕週から1ヶ月で6勝目とシルクレーシングの勢いが止まらない。リアアメリア、サリオス、モーベット、ヴィンカマヨール、トライフォーリアル、そしてこのレースでラウダシオンが圧倒的人気の応えてデビュー戦を快勝。レースでは外目から先行し直線入り口で先頭に並びかけると、手応え良く抜け出してそのまま押し切ってゴール。シルクレーシングは毎週新馬勝ちを送りだして、とうとう1ヶ月で6勝と勢い止まらない。

ラウダシオン 1戦1勝
(牡2・栗東・斉藤崇史)
父:リアルインパクト
母:アンティフォナ
母父:Songandaprayer
馬主:シルクレーシング
生産者:社台コーポレーション白老ファーム