日曜東京5R新馬はルメール騎乗のワーケアが1番人気にこたえる

(C)Yushi Machida

 9日、東京競馬場で行われた5R2歳新馬(芝1800メートル)は、ハーツクライ産駒の1番人気・ワーケア(牡2、手塚)がV。初陣を飾った。

 ゆっくりとしたスタートから道中は中団で折り合いをつける形。直線で大外に持ち出されると、あっという間に前との差を詰め、ラスト1ハロンで先頭。最後は流す余裕を見せながらも2着ウインカーネリアンに2馬身半差をつけてみせた。

【エプソムC】ルメール「全然違う馬でした」レイエンダが重賞初制覇

<<下に続く>>

ルメール「切れ味があります」

 手綱をとったルメールは「能力がありそうな馬です。ずっと乗りやすかったし、距離も丁度合っていました。切れ味がありますね」と満足そうに振り返った。