【ベルモントS】マスターフェンサーは5着!大外から追い込むも届かず

 8日(日本時間6月9日)、アメリカのベルモントパーク競馬場で行われた11R・ベルモントステークス(G1・3歳・ダ2400m)でJ.ロザリオ騎乗、サーウィンストン(牡3・USA・M.キャシー)が快勝した。2着に1番人気のタシトゥス(牡3・USA・W.モット)、3着にジョービア(牡3・USA・G.サッコ)が入った。勝ちタイムは2:28.30(良)。

 日本馬、J.ルパルー騎乗のマスターフェンサー(牡3・栗東・角田晃一)は5着敗退となっている。

【天保山S】ヴェンジェンスがオープン連勝!

<<下に続く>>

ジャスタウェイ産駒 マスターフェンサー

 ケンタッキーダービーに続き、ラストの脚は際立つものがあったが、マスターフェンサーは追い込み届かずの5着に敗れた。レースでは五分のスタートを切り下げて最後方から。ゆったりとした流れの中、最内から追走するも勝負どころでやや反応鈍く3.4コーナーで置かれ加減となる展開に。バラけた隊列の大外に持ち出すと、ラスト1ハロン付近から猛然と追い込み、5着に飛び込んだところがゴールだった。

【全着順】
1着 サーウィンストン
2着 タシトゥス
3着 ジョービア
4着 タックス
5着 マスターフェンサー
6着 スピンオフ
7着 エバーファスト
8着 イントレピッドハート
9着 ウォーオブウィル
10着 バーボンウォー