【北海道スプリントC】ヤマニンアンプリメが人気に応えて重賞初制覇!

 6日、門別競馬場で行われた11R・北海道スプリントカップ(Jpn3・3歳上オープン・ダ1200m)で1番人気、岩田康誠騎乗、ヤマニンアンプリメ(牝5・栗東・長谷川浩大)が快勝した。3馬身差の2着にメイショウアイアン(牡9・北海道・田中淳司)、3着にノボバカラ(牡7・栗東・森秀行)が入った。勝ちタイムは1:11.5(稍重)。

 2番人気で三浦皇成騎乗、シュウジ(牡6・栗東・須貝尚介)は、5着敗退。

【東京ダービー】山崎誠「少しでも親父に近づけたと思う」ヒカリオーソが東京ダービー制覇

<<下に続く>>

シスターミニスター産駒 ヤマニンアンプリメ

 交流重賞で2戦連続2着のヤマニンアンプリメが3番手から楽に抜け出して重賞初制覇を飾った。外めの枠から内を見るようにじっくり進めて行くと、勝負どころから絶好の手応えで進出。終わってみれば3馬身差の楽勝で1番人気にしっかりと応えた。そして長谷川浩大調教師は嬉しい重賞初制覇を飾った。

ヤマニンアンプリメ 26戦7勝
(牝5・栗東・長谷川浩大)
父:シニスターミニスター
母:ヤマニンエリプス
母父:サンデーサイレンス
馬主:土井肇
生産者:廣田伉助

【全着順】
1着 ヤマニンアンプリメ
2着 メイショウアイアン
3着 ノボバカラ
4着 ショコラブラン
5着 シュウジ
6着 カツゲキライデン
7着 フジノパンサー
8着 エリモグレイス
9着 タイセイエクレール
10着 メイショウブイダン
11着 タテヤマ
12着 トドイワガーデン
13着 フィールザスマート
14着 ロードメビウス
15着 ヴァッフシュテルケ
16着 シングンヴィグラス