【東京ダービー】山崎誠「少しでも親父に近づけたと思う」ヒカリオーソが東京ダービー制覇

東京ダービー

 5日、大井競馬場で行われた第65回東京ダービー(S1・ダ2000m)は、3番人気のヒカリオーソが2番手から抜け出して見事優勝。山崎誠士騎手は東京ダービー初制覇。

東京ダービー、勝利ジョッキーコメント
1着 ヒカリオーソ
山崎誠士騎手
「最初半信半疑なところだったんですけど、スタッフの皆さんが丁寧に仕上げてくれて、力を出せたと思います。まだまだすごいポテンシャルを持っていると思うのでこれからの活躍に期待してます。(お父様もジョッキーで父の果たせなかった夢を果たしました?)少しでも親父に近づけたと思うと嬉しいです。本日は大井競馬場にご来場くださってありがとうございます。昨日大きな事故があって、すごい心が痛んでいたんですけど、しっかりレースをすることが出来て良い結果を見せられたなと思って頑張りました今日は本当にありがとうございました」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 5日、大井競馬場で行われた11R・第65回東京ダービー(S1・3歳オープン・ダ2000m)で3番人気、山崎誠士騎乗、ヒカリオーソ(牡3・川崎・岩本洋)が快勝した。2馬身差の2着に1番人気のミューチャリー(牡3・船橋・矢野義幸)、3着に2番人気のウィンターフェル(牡3・船橋・川島正一)が入った。勝ちタイムは2:09.4(良)。

【さきたま杯】和田「1歩目で躓いてしまった」ウインムートが逃げ切りV

<<下に続く>>

フリオーソ産駒 ヒカリオーソ

【東京ダービー】山崎誠「少しでも親父に近づけたと思う」ヒカリオーソが東京ダービー制覇

 前走の京浜盃で鼻出血を発症し大敗を喫していたヒカリオーソが見事に復活、第65回東京ダービーを制した。ヒカリオーソは好スタート好ダッシュを決めて2番手の位置をキープ。3コーナー過ぎから早くも先頭に立つ積極的なレースでスパートを開始すると、直線でも後続を振り切り栄光のゴールへ飛び込んだ。

 圧倒的人気を集めたミューチャリーは直線ジリジリと伸び、2着を確保するのが精一杯だった。そして東京ダービー未勝利、大井の帝王・的場文男騎手は今年は負傷により不参戦となっている。

ヒカリオーソ 10戦4勝
(牡3・川崎・岩本洋)
父:フリオーソ
母:ヒカリヴィグラス
母父:サウスヴィグラス
馬主:西森鶴
生産者:ヒカル牧場

【全着順】
1着 ヒカリオーソ
2着 ミューチャリー
3着 ウィンターフェル
4着 グリードパルフェ
5着 アエノエンペラー
6着 カジノフォンテン
7着 サージュ
8着 シビックヴァーゴ
9着 ゴールドプリンス
10着 ヤマショウブラック
11着 コスモマーヴィ
12着 サクセッサー
13着 アギト
14着 オーシャンブラック
15着 ジョーパイロライト
16着 イグナシオドーロ