武豊騎手が騎乗停止 安田記念スタートで斜行

 2日に東京競馬場で行われた、第11レース・安田記念で、16番ロジクライ(武豊騎手・58kg)は、発走後内側に斜行したため、15番ダノンプレミアム(川田将雅騎手・58kg)、14番アーモンドアイ(C.ルメール騎手・56kg)、13番ペルシアンナイト(M.デムーロ騎手・58kg)、および12番ロードクエスト(石川裕紀人騎手・58kg)の進路が狭くなった。

【安田記念】武豊「迷惑をかけてしまった」ロジクライはスタートで大きくヨレるアクシデント

 この件について、16番ロジクライが内側に逃避したことが主因であると認め、同馬は発走後内側に逃避したことについて発走調教再審査となり、同馬の騎手武豊は、発走後内側に斜行したことについて2019年6月8日(土)の騎乗停止となった。

※JRA発表による