【スレイプニルS】テルペリオンが2番手から抜け出し快勝!

 1日、東京競馬場で行われた11R・スレイプニルステークス(3歳上オープン・ダ2100m)で4番人気、松若風馬騎乗、テルペリオン(牡5・栗東・寺島良・担当装蹄師/西内荘)が快勝した。2馬身差の2着にアンデスクイーン(牝5・栗東・西園正都)、3着にコスモカナディアン(牡6・美浦・金成貴史)が入った。勝ちタイムは2:11.2(良)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、アングライフェン(牡7・栗東・安田隆行)は4着、2番人気でM.デムーロ騎乗、クイーンマンボ(牝5・栗東・角居勝彦)は6着敗退。

【鳴尾記念】メールドグラースが4連勝!重賞2勝目

<<下に続く>>

フリオーソ産駒 テルペリオン

 ダートのオープンクラスでは安定した走りを見せているテルペリオンがこのレースでも番手からの競馬で抜け出し快勝した。スタートから押して行き、番手の位置をキープするとそのままの隊列で直線へ。直線半ばで後続を突き放しにかかると脚色衰えることなくゴール板を駆け抜けた。

テルペリオン 22戦7勝
(牡5・栗東・寺島良・担当装蹄師/西内荘)
父:フリオーソ
母:エルベレス
母父:ダンスインザダーク
馬主:ダイリン
生産者:谷川牧場