【武豊日記】ディアヌ賞に挑戦することに

武豊騎手

 ドイツ調教馬で2戦2勝のアマレナという3歳牝馬を松島正昭オーナー(名義はキーファーズ)がお買い求めになり、フランスの小林智厩舎に移籍してディアヌ賞(6月16日、シャンティイ競馬場、芝2100m、G1)に挑戦することになりました。ディアヌ賞は、日本のオークスにあたるもので、シャンティイの名物レース。これに乗せてもらえることになったのですから、今からわくわくしています。凱旋門賞挑戦にもつながる大一番ですから、その週は追い切りから現地に入ってベストを尽くすつもりです。

 また、その3日後の19日は、英国王室が主催するロイヤルアスコット開催のプリンスオブウェールズS(アスコット競馬場、芝1990m、G1)に出走するディアドラの鞍上に。こちらも名誉ある騎乗ですし、結果を出すことで応えられたらと思っています。

【武豊日記】ダービーウイーク

 ダービーが終わって、今週は安田記念。そして早くも2歳新馬戦が始まります。1年後のゴールが歓喜に包まれたものになるようにと、全てのホースマンが小さな努力をコツコツと重ねてまいります。そのあたりの機微がわかるようになると、競馬がもっと楽しくなります。ボクは土曜阪神、日曜東京での騎乗。新馬戦にもご注目ください。

(C)武豊オフィシャルサイト